小山学園創立50周年記念式典およびパーティーが開催されました

令和元年11月29日(金)、グランドハイアット東京にて小山学園創立50周年記念式典およびパーティーが開催され、多くの同窓生のご出席をいただきました。

自動車整備科1期生から今年の卒業生まで、来賓を含めて1,000名を超える盛会となりました。ここまで同窓会としても学園への協力をさせて頂いてまいりましたが、ご出席いただいた、また応援して下さった皆様にあらためて感謝いたします。

オープニング映像に続き山本匡理事長のご挨拶からスタートしたセレモニーでは、壇上に用意された三つの酒樽の中心にそれぞれ理事長、吉岡会長、後援会会長が位置して来賓代表、学園理事が囲む中盛大に鏡開きが行われました。その後、山本眞学園長の乾杯のご挨拶の後、パーティーに入りました。

パーティーは終始にぎやかで、そこかしこで笑い声が起こり、昔の仲間、先生となつかしい話しに花をさかせていました。あっという間に時間が経過して、光と音の幻想的なパフォーマンス集団「かぐづち」のエンディングパフォーマンスで大盛況の中、幕を閉じました。閉会後も会場内やロビーでなごり惜しんで残られている方も多く印象的でした。

設立以来、学園への積極的な貢献を謳ってきた同窓会としても今後の活動の糧となる会となりました。

学園からの招待状が全同窓生に送られましたが、参加エントリーいただけなかった、今回ご参加いただけなかった同窓生の皆様にご報告いたします。今後の同窓会活動においても変わらずのご協力、ご支援をお願いいたします。

御礼

このたびは小山学園の創立50周年記念式典およびパーティーに数多くの同窓生のご参加を頂きました。当日はご参加いただいたすべての同窓生の皆様へのご挨拶が叶わず申し訳けございませんでした。事務局報告にありますように同窓生も昔を懐かしみ笑いの絶えることのない盛会となりました。ご協力頂きました同窓生の皆様へ改めて御礼申し上げます。
これからも同窓生のために学園と協力して鋭意努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。

小山学園同窓会
会長 吉岡 誠一